このケースだと結局のところ借金額

週刊誌の宣伝チラシ、電柱に配布された宣伝チラシやDMなどで「負債の整頓します」「多重借金を一括化しませんか」といった売り言葉を目にすることがありますよね。仕事 辞めたい アフィリエイト

「整理業者」「買取業者」「紹介人」という名の企業の嘘広告のケースがあるということなのです。

そのようなものを依頼した場合には自己破産申し立てフローの中で免責許諾を手に入れられなくなる危険性があります。

「整頓屋」の場合、ダイレクトメールなどで債務者をおびきよせ、高額のサービス料を出させて債務整頓をしますけれど、整頓はなされず、一層の借金地獄に陥ってしまうケースがすべてと予想されます。

「買取専門人」とは借金者のクレジットカードで、家電製品、旅行の利用券を限界まで購入させ依頼者からそれらの物品を購入額の30%〜半分で買取るというやり口を使っています。

債務人は一時的には小金が手に入りますがいつかクレジット企業による品物の定価の支払い要求が送られて来ることになり、負債額を増やす結果となります。

このケースだとクレジット会社に対しての詐欺行為ということで免責がもらえません。

「つなぎ業者」の場合、大企業のサラ金から断られる債務者について、業者として融資は全くせずに、融通を受けられる別な同業者を教えて、費用を取っている会社です。

紹介業者は専門的な手続きで金貸ししてもらったように報告しますが、実際は特に何もせず、ただ審査の通りやすい業者を説明しているというだけなのです。

このケースだと結局のところ借金額を増やすこととなります。

Link

Copyright © 1996 www.hsxzl.com All Rights Reserved.